危険性が高い

最初に何を行うべきか

夏から秋にかけて蜂の危険性は増す一方であり、人への危害が懸念される時期となります。蜂の巣を見つけたら駆除が行われることが一般的ですが、その前にまず何の種類なのか特定する事が一つの工夫となります。なぜ工夫になるのかと言うと、蜂の種類には、スズメバチやアシナガバチが存在します。この2種類だけをみても分かるように、前者は非所に凶暴で有名です。一方後者では、攻撃性が弱く行動も俊敏ではありません。よって、前者においては危険を避けて専門業者へ駆除依頼する、後者では自身による殺虫剤購入で駆除する選択が可能となります。この選択を行うことによって駆除にかかる費用を軽減できるものとなります。

公共施設への相談も必要

蜂の特定とは、素人でも簡単に行えることがあります。特にスズメバチやアシナガバチは特徴があり、巣も同様です。駆除を依頼する前に市役所や保健所などに相談する事が必要です。蜂は人間にとって害虫となるので、市役所や保健所で駆除対策の取り組みを行っている傾向にあります。逆に駆除対策を行っていない場合もあり、そのような場合でも専門業者の紹介を行ってくれる事もあります。時には防護服の貸出や自身で行う際のアドバイスをくれる事も十分可能性があります。何より相談が次のステップであり、専門業者へ直接問い合わせでも結構です。公共設備における提供では、基本的に無料で提供している取り組みも見受けられますので、必ず損はない対応となります。